カテゴリー
チュートリアル

Claude AIの使い方 – Claude AIの紹介とコード例

この記事では、Claude AIについて詳しく説明し、ChatGPTと比較し、APIを介してどのように動作するかの簡単な例を提供します。

Claudeは、市場で主要な大規模言語モデル(LLMs)の1つであり、元OpenAI従業員によって共同設立されたAIスタートアップであるAnthropicによって開発されました。同社は厳格なAI倫理規定で知られており、現在はGoogleやAmazonなどのテックジャイアントに支援されています。

Claudeとは?

ChatGPTやGeminiなどのAIチャットボットと同様に、ClaudeはClaude 3によって動作するチャットボットです — それはAnthropicの最新の大規模言語モデルです。ユーザーの入力を取り、人間らしい出力を生成することができます。会話以外にも、画像や文書をClaudeにアップロードして要約したり、特定のポイントについて質問に答えさせることができます。

Claudeを他の競合製品と区別するのは、Anthropicの主張するところによると、「憲法AI」という独自のトレーニングアプローチにより、有害で攻撃的な出力を生成するリスクが低くなるということです。これはAnthropicが倫理原則に従うAIシステムを開発することを目指した独自のトレーニングアプローチです。

最初のモデルは2023年3月にリリースされ、後に機能が強化されたバージョンや、より高度なトレーニング技術、安全性に焦点を当てたバージョンが続々とリリースされました。

2024年3月、AnthropicはClaude 3を発表し、最も先進的で最新鋭のモデル群であるHaikuSonnetOpus.を提供しました。Opusが最も強力です。

Claude 3は画像処理、幻覚の発生率の低下、およびかなり大きなコンテキストウィンドウを提供します。Claudeチャットボットは現在、Claude 3によって動作しており、標準化されたベンチマークでChatGPTより優れたパフォーマンスを示しています。

チャットボット以外にも、ClaudeはAPIを介して利用可能であり、開発者がその上にアプリケーションを構築することができます。

Claude AIの機能

Claudeが優れている主要な領域は以下の通りです:

  • 会話: Claudeは自然な会話を行う能力に優れており、ユーザーの文脈を理解し、考え深い回答を提供することができます。
  • コンテンツ作成: Claudeはユーザーが設定した要件に合わせた高品質なコンテンツを生成することができます。
  • 言語翻訳: 今日、グローバルなコミュニケーションは重要です。Claudeには多言語対応機能があり、リアルタイムで異なる言語間の翻訳や多言語コンテンツの作成が可能です。
  • ビジュアル処理: Claudeは画像や手書きメモなどの画像を分析し、転写することができます。
  • コード生成: 新しいAIモデルリリースごとに、コード生成は魅力的な機能であり、主要な競争上の利点となっています。Claudeはコードスニペットを生成し、異なるプログラミング言語を理解し、コードの機能を説明し、デバッグを支援することができます。

Claude vs ChatGPT

ChatGPTとClaudeの違いを比較しましょう:

LLM

  • Claude 3は2024年3月にリリースされた最新モデルラインアップです。
  • GPT-4は2023年3月以降の現行モデルです。

パフォーマンス

執筆時点では、Claudeは事実の正確性に優れ、より長い会話でも文脈を維持することができます。Claude Opusは、AIシステムのすべての評価ベンチマークでGPT-4を凌駕し、特に知識と言語理解の点で優れていることが示されています。

コンテキストウィンドウ

コンテキストウィンドウは、AIシステムが単一の入力または出力で処理できるトークンの最大数を表します。より大きなコンテキストは、LLMがより長いテキストを処理し、そのテキストを処理しながらコンテキストを維持できることを意味します。

  • GPT-4は8,192トークンを持ち、新しいバージョン(GPT-4-32k)は32,768トークンを持っています。
  • Claude 3のすべてのバージョンには、200kトークンのコンテキストウィンドウがあり、GPT-4よりもはるかに大きいです。

安全性

GPT-4:

  • 安全性はChatGPTの重要な側面であり、誤情報を軽減するための取り組みがなされていますが、チャットボットはいくつかの誤った出力を生成する傾向があります。
  • ChatGPTはユーザーとの会話を保存してモデルをさらにトレーニングし、改善します。

Claude 3:

  • Claudeは安全性を考慮して開発されました。Anthropicは、トレーニングやチャットボットが入力を処理し出力を生成する方法においてAIの倫理的使用を強調しています。モデルは厳密に憲法AIに従います。
  • Claudeはユーザーデータを保持しません。

アクセシビリティ

Claude 3とGPT-4モデルは、チャットボットを介して直接利用できるだけでなく、APIを介しても利用できます。さらに、他のプラットフォームでも利用できます:

  • GPT-4: Microsoftは最新のLLMsをMicrosoftプラットフォームに統合するためにOpenAIに大きく投資しています。現時点では、GPT-4はMicrosoftのCopilotを通じて無料で利用できます。
  • Claude 3: AnthropicはNotion、Amazon、DuckDuckGoなどの企業と提携して、Claude 3を製品に統合しています。

Claude AIとのやり取り方法

ChatGPTに慣れている場合(おそらくほとんどの場合)、Claudeチャットボットと同様の体験をするはずです。こちらでアカウントを作成すると、簡単にクエリを入力するだけで済みます。

このセクションでは、Pythonを使用して提供されたAPIを介してAIモデルとやり取りする方法に焦点を当てます。例として、ニューラルネットワークの概念を説明するようにClaudeに依頼するPythonスクリプトを見てみましょう。

まず、ここでサインアップして、最初のAPIキーを作成するためにここに移動します。APIキーをコピーして安全なファイルに保存してください。

以下は、Claudeにニューラルネットワークの概念を説明するよう指示するPythonスクリプトの例です:

your_api_keyを作成した実際のAPIキーで置き換えてください。

上記で定義されたパラメータについて簡単に説明します:

  • model="claude-3-opus-20240229"は使用するモデルを指定します。
  • max_tokens=1000は生成された応答が持つことができるトークンの最大数を設定します。
  • temperature=0.0は生成された応答のランダム性のレベルを制御します。0.0は、応答がより一貫性があり、ばらつきが少なくなります。
  • system="短く明瞭な回答を提供します。"はシステムが応答を生成する方法を指定します。
  • messages=[{"role": "user", "content": ニューラルネットワークの概念を説明してくれますか?"}]は、出力が生成される基準となる役割および入力メッセージを定義します。

以下は、JSON形式でのサンプル応答です:

結論

クロードは、市場においてさまざまな競合他社を凌駕する、人工知能の領域における重要な進歩を表しています。

クロードは、安全性とセキュリティに関する一連の基準を提供し、コンテンツ作成からコード生成まで、多様なアプリケーションを提供する独自の視点を提供しています。

本文の内容は、原文およびこちらから翻訳されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です